MENU
個人のお客様もご予約を承っております。店舗様でお急ぎの方はご連絡ください。遠矢ウキの類似品、コピー商品が出回っております。意匠が似ていても品質がまるで違いますのでご注意ください。。

太田源様の「必釣!深夜の「カマス」釣り その3」超奥技遍

①緩い潮回りを釣れ❗️
潮止まり前後は何時でも入れ食いタイム🎶
ベイトが浮き出したらチャンス到来🎶

②餌を動かし(シャクリ)て小魚の断末魔的な動きを❗️
弱ったベイトを演出🎶

③当たりが有っても糸を直ぐにを張らない❗️
奴らは咥える=当たりであり、針先はまだ口に当たっていない。
軽い抵抗に追い食い(咥え返し)をさせて始めて口に針が立ちます。

慣れない内はリールドラッグをスルスルにしてようやくカマスを巻き寄せられる程度に設定を。

魚に慣れれば竿だけで乗せられる様になります。
それでも抜け(バレ)てしまう場合は更にドラッグ弱調整に。

④餌の選択
◎「置き竿釣法」では「キビナゴ等」補食ベイトの姿かたちに合わせる。
合わせ損なうと餌の形が壊れやすいため追い食いは難しいことから
当たりが有ったら(スプールフリーにて)じっくり食わ(呑ま)せてから合わせる事が大切。

◎「シャクリ釣法」では「サンマ、サバ等切り身」使用を推奨🤗。

当たりが有っても針掛かりしなければ何度も同じ場所で食い付いて来ます。外れても巻き込まずその場で軽いシャクリを繰り返せば必ず食い返しをします。その時、皮身の確りした切り身が追い食いを補助してくれます😁

⑤釣法分け
○食いが立ったら「シャクリ釣法」。
○当たりが遠い場合は回遊待ちの「置き竿釣法」です。
カマスは事の他、大きな浮力を嫌います。
置き竿時は極力残浮力を無くして待つことが釣果の秘訣です。

(遠投シャクリ釣法と置き竿釣法の双方を1本のウキで両立を可能と出来る理想の立ちウキが「遠矢ウキ」なのです(ホント)。

⑥ウキ選択の大事
玉ウキ、ドングリウキでは成せない広域なポイントを探り遠投を可能とし誘い距離を十分に取り、更には潮流に左右されにくい感度の良い立ち(自立)ウキの存在は必要不可欠な道具です。

◼️究極の『超奥技』◼️
○必釣法だから安易に人に教えないほうが❓️
○釣り場は秘すべきでは❓️
等と思われる方も居ることと思います。

そんなことで釣り魚か減ったことはありません。
それより毎年訪れる魚の群れや、その年の潮流や天候の方が釣行、釣果に影響が大きいのでは?

僕は何時でも師匠の「我が喜びを分かち与えられる釣り人に」の『人徳』こそが翌年の豊漁、喜びの糧、究極の極意-『超奥技』であると信じています。

「先輩からの恩恵はそのまま後の仲間に」を信念に更なる釣技飛躍を願い、次代の為のヒントを記して置きたいと思っています。😁

雨にも負けず
風にも負けず
船釣りにも負けず

オカッパリ万歳🎉

太田源様のインスタグラム

本記載は太田様の承諾を得ております。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる