1号

1号-大、中、小

今から約45年前、元祖遠矢うきの原型となる『2号シリーズ(現在は廃盤)』に続き『1号シリーズ』が発案され、世に広く「遠矢ウキ」が知れ渡ることとなりました。そしてこれを使った斬新な釣り技法とともに、ウキフカセ釣りの新しい歴史が始まりまったのです。

遠矢国利名人が独自に考案した下膨れ型の形状は今なお健在です。これが世に出る前は棒ウキと言えば、上の方が大きくなる上部浮力型で、その多くがトップと本体を固着した固定ウキで形状は上部浮力型しかも非自立タイプでした。

トップはゴム管で本体と固定されたのも遠矢ウキが元祖であり、これによってウキのトップが衝撃に強くなりました。

45年を経た現在も1号シリーズは、色あせることなく定番のウキとして愛用され続けているオールラウンドなウキです。当時はメジナヘラウキと呼ばれ、メジナ釣りはもちろん黒鯛釣りにも両方使えます。コンパクトボディでトップ一体型。浮力は白点表示です。

ボディー全長全長(cm)ボディー最太部参考浮力(白点表示)純正トップ自重価格(税抜)
1号-大17cm33cm12φmm約4B~約6B極太太16約13g1,600
1号-中20cm40cm10φmm約4B~約6B極太太18約11g1,600
1号-小17cm31cm10φmm約2B~約4B極太太13約10g1,430
※天然木のため、自重は個体差があります。

トップのカラーは上から赤、イエロー、緑、オレンジの4色(1号小は赤、イエロー、緑の3色)でハカマ付き。(太さ2.9φmm)

1号、2号シリーズ等を制作中の遠矢国利名人(つり歳時記1986年より)
PAGE TOP