最近の記事

強風と雨の中での収竿釣行

茨城県は鹿島港、初日は南西の風で岸壁で竿を出したのですが、早朝から夕方まで一人で7本ブッ込んでその間ずっと車中で眠っている人が居て、思うように仕掛けを流せず、結果はチンチン1枚でした。
次の日、港公園のフェンス越しに、雨と風(北東の強風)の中向い風で、対岸の鉄鉱石の粉塵で目を傷めながら、とても辛い釣りでしたが40オーバーを含め3枚ゲットしました、ポイントは最深部のかけ上がりで、コマセをその部分に撒いて、遠投、数分後に仕掛けが風に押されてその位置に落ち着くパターンで粘りました、アタリは比較的大きく、超遠投ー小(6B)のトップを半分押さえ込むものでした。

茨城県鹿島港公園にて

その後大洗沖提にも足を延ばしたのですが目当てのポイントに入れず、風も強い中、テトラの上から外向きにくわせダンゴで2枚ゲット、他の人は全員ボウズでした。
テトラ際よりも遠投して深部を狙ったのですが、底が砂なので少し這わせ気味が効果的でした。

2006/12/30遠矢国利筆

投稿者プロフィール

遠矢国利
遠矢国利
元祖立ちウキ・遠矢うきの考案者。配合えさによるウキフカセ釣りを全国に広めた第一人者。1980年代前半に自身の遠矢釣法で、全国にクロダイ釣りの大ブームを巻き起こした。様々な釣法が流行しては消えていく中、遠矢うきと遠矢釣法は40年を経た今も変わることなく、絶大な人気を誇っている。著書に「釣りはクロダイ で決まる」「クロダイ (チヌ)」など。

関連記事一覧