最近の記事

3月九州遠征釣行報告1

3月4日(日)午前2時半自宅出発
最初の目的地、島根県は美保関港、仲間と釣り談義の後、翌朝から竿を出すも、春一番クラスの北西風、一部では30メートルの強風の中、四苦八苦風裏のわずかな海面で2枚、次の日も同じ場所しかできず、3枚、合計5枚が二日の釣果、ちぬ倶楽部4月20日発売号に掲載されます。

強風の中でのクロダイ !

2007/04/05 遠矢国利筆(写真構成は遠矢うき情報局編集)

投稿者プロフィール

遠矢国利
遠矢国利
元祖立ちウキ・遠矢うきの考案者。配合えさによるウキフカセ釣りを全国に広めた第一人者。1980年代前半に自身の遠矢釣法で、全国にクロダイ釣りの大ブームを巻き起こした。様々な釣法が流行しては消えていく中、遠矢うきと遠矢釣法は40年を経た今も変わることなく、絶大な人気を誇っている。著書に「釣りはクロダイ で決まる」「クロダイ (チヌ)」など。

関連記事一覧