偽物の見分け方〜ゴム管編〜

遠矢うきが手に入りにくくなっており、皆様にはご不便をおかけしております。

ヤフー、メルカリなどで偽物も販売されておりますので、ご注意をお願いいたします。

例えば、遠矢うきゴムハカマと称してオークションサイトで販売されておりましたが、写真をよく見ると偽物です。

偽物の遠矢うきゴムハカマ拡大

 

裾が広がった部分の角(エッジ)の処理が雑で汚いですね。鋳型の線が出ています。

これは100円近一で売っている安物です。ご注意くださいね。

それに対して、遠矢ウキの純正ゴムハカマ大は角がきれいに仕上がっています。ピシーッと角が切れています。

本物の遠矢うきゴムハカマ

 

それに、弊社のゴムは特注の高級ゴム素材を使用しておりますので、経年劣化しません。

接着剤の経年劣化はありますが、ゴムそのものは太陽光でも劣化せず、とても丈夫にできています。

え!?本当〜!?と思う人はぜひ太陽光の下で2年〜3年放置しててください。笑(弊社では実際に確認済みです。)

とは言いましても、これを本体に接合させるために使用する接着剤は劣化しますので、定期的に取り替えられることをお勧めします。

市販の瞬間接着剤でOKです。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる