遠矢うき・カタログ

遠矢ウキは遠矢国利名人が全国を釣り歩き、さまざまな条件下で使えるウキを考案したものです。制作当時から45年以上もロングセラーとなったものや、最近発売されたばかりのものもありますが、いずれも流行に左右されず長きにわたって厳選されてきたた名品揃いです。遠矢国利名人の好きな言葉「古き良いものは常に新しい」。その言葉に裏付けされた名作・遠矢ウキの数々をご紹介します。

目次

基本のウキ

遠矢ウキのスタンダードモデルでロングセラーを誇る。残浮力は白点表示だが、遠投性、安定性、潮乗りの良さ、感度の高さなど、遠矢ウキの良さが味わえる逸品。初めて使う方には、各シリーズの「中」から選びたい。

遠矢ウキ 1号・0号・0号S

遠矢ウキの中で最も長い歴史があり、今も当時のままのデザインである。当時は「メジナへらウキ」と称されたように、メジナ釣り用として開発されたが後に、黒鯛用の深場対応のウキとしてボディの太さと長さが進化した。初代遠矢ウキ「2号」から進化した1号シリーズは、1号と名付けられたが浮力を意味するものではなく、「1番目」という意味で付けられた。小型のウキで、浅場や湾内などの比較的波が穏やかな場所を得意とする。1号中は1号大よりも長いことに注意したい。0号は、1号をさらに細身にしたものであるが、これも1号と同じく浮力を指す名前ではない。スリムボディで湾内から磯までオールラウンドに使える。0号Sタイプはトップセパレート型だが、0号に比べてトップの太さは0.6ミリ太くなる。

残浮力は1号、0号ともに白点表示である。

1号-中
1号-大
0号-大s
0号-大

遠矢ウキ 180s・230s・300s

廃盤となった遠矢ウキの2号シリーズ、Bシリーズ、LBシリーズをトップセパレート型に進化させたウキ。3パターンのボディ全長に3種類の太さ。さまざまな状況に応じられるオールマイティなウキである。遠矢ウキは当初から「メジナ・グレウキ」と呼ばれ、0号、1号シリーズとともにどちの魚種にも対応できる。残浮力は白点表示である。

初心者におすすめの定番のウキで、太さに応じて大中小とあるが、「中」タイプから始めると良いだろう。しかし、2号シリーズなどがあった時代と比べると、遠矢ウキも進化して種類も豊富になった現在、どれを買って良いか迷う初心者に向けてのアドバイスとしては、「今、あえてどれか1本に絞るとすれば、最初に持って欲しいウキは300s-小である。適応範囲が広いからだ。」と遠矢国利名人は語っている。トップはグレZFシリーズとも互換性があり、様々なトップローテーションを選べる。

(上から300s-小、230s-小、180s-小)

遠矢ウキ 日本海

日本海側の磯場にありがちな、深く遠いポイントへもこれでOK。トップが太くなる、視認性、安定性が抜群で、流し釣りにも威力を発揮。100m先でもしっかりと見えるトップを採用。ボディ太さも3種類あり、浮力は小は1号前後、中は2号前後、大は深場対応で約3.0号前後まで対応できる。性能的には300sの長いバージョンの「400s」だと呼ばれており、人気が高い。

日本海-小

遠矢ウキ 磯専

コンパクトサイズの立ちウキ。得意技は止め&誘い釣り宙層ダンゴ釣法。
サラシやカケアガリを攻める磯のクロダイ釣り専用ウキです。くわせ団子釣法にも対応。

磯専-小

中・上級モデル

遠矢ウキの中でも最高峰。超高感度と遠投性能の両方を合わせ持つ。超深場から浅瀬まで、多彩な展開が魅力な残浮力設定。くわせダンゴ釣法など、微細なアタリを見極める遠矢釣法をマスターしたい方にはぜひ使って欲しい。

遠矢ウキ 超遠投-小・中

遠矢釣法の代表的な技術「くわせダンゴ」に最も使いやすいウキで中・上級者向けのウキである。水深の深い場所や大遠投が可能でありながら、潮乗りの安定性もあり、また微細な魚信も的確に捉える。遠矢ウキの最高峰のウキである。ボディの太さで「小・中」の種類あり、中は浮力が2号まで設定されており、水深が深く潮の早い釣り場向き、小はオールラウンド型で遠矢国利名人のパイロットフロートとなっている。浮力は号数別に細かく設定されている。

超遠投-小
超遠投-中

遠矢ウキ 遠矢チヌスペシャルSP400-8・SP300-8

超遠投-小のノウハウを詰め込み、ボディ全長を短くして浅場対応をしやすくなった。名前の由来はその長さと太さ(SP400はボディの長さ40cm、太さ8mmから、400-8と名付けられた)浮力は号数別に別れている。「くわせダンゴ」釣法にも対応している。

SP400-8
S P300-8

メジナ(グレ)狙い専用

メジナ(グレ)釣り用に、浅ダナや軽い仕掛けに対応したモデル。ゼロフカセや全誘導にも対応。メジナのみならず、磯場や浅場&浅ダナの黒鯛、サヨリなどにも人気がある。下膨れボディの上部にレモン色は遠矢ウキの独自の意匠である。現在、多くの類似品が出ているが、やはり元祖の感度と飛距離は上級者も納得できるバランスの良さが特徴。トップのローテーションが多彩に展開できるのも魅力。2004年頃に登場して以来ずっと、独特のレモン色と下膨れ形状は遠矢グレ特有のデザインである。類似品、模倣品が多数出回っておりますのでご注意ください。

遠矢グレ ZF180・ZF150・ZF120

ボディ全長がそれぞれ18cm、15cm、12cmで、太さも3種類。足元の浅場から遠くの深場までカバーすることができる。浮力は号数ごとに別れているが、ZFは「ゼロフカセ」の意味を持ち、ノーガンで攻略することも可能。最近は、浅場のちぬを狙うために使用する方も多い。(自重は長い方のトップを含めた重さです。)

ZF150-小・6cmレモン、18cm3色トップと付属品付き。
ZF150-中、標準トップ装着時
ZFシリーズ、上からZF120小(別売りSP 100,80用3cmトップ装着時)、中、大、ZF150小、中、大、ZF180小、中、大。トップは2種類付き
※不正競争防止法に引っ掛かるような類似品が多く見受けられます。ボディ上部のレモン色、ストレートゴム管に下膨れの形状は「遠矢うき」特有の意匠です。

遠矢グレ グレスペシャルSP230-16・SP100-16・SP80-18

初めて棒ウキでグレを狙いたい方にオススメの上級モデル。沈め探り釣り対応のSP80-18、遠投浅ダナ狙いのSP100-16、太糸(3号)対応の尾長攻略モデルのSP230-16がある。(自重は長い方のトップを含めた重さになります。)似たような類似品、コピー商品が出まわっているが、発売当初から変わらぬレモン入りのデザインであり、元祖である。

SP80-18・トップ3cm、6cm2種類、付属品付
SP100-16・トップ3cm、6cm2種類、付属品付
※不正競争防止法に引っ掛かるような類似品が多く見受けられます。ボディ上部のレモン色、ストレートゴム管に下膨れの形状は「遠矢うき」特有の意匠です。

遠矢グレ スーパースリムスペシャルSSS180・SSS230

スリムボディでコンパクト。湾内のグレ狙いに最適。紀州釣りにも対応できる軽量仕上げ。

SSS230
SSS180

紀州釣り・ダンゴ釣り

紀州釣りやダンゴ釣りなどに対応できるモデル。軽量に仕上がっており、ダンゴ投入時にスムーズにダンゴに追随する。

遠矢ダンゴ T・D45

ソリッド棒に小さな円錐ボディが付いた形状。このボディの太さによって3種類あり、潮の早さによって使い分ける。基本的な釣り方から、這わせ釣りまでオールラウンドにこなす。超軽量仕上げとなっており、ダンゴを投げても違和感がない。

T・D45-大

遠矢ダンゴ T・D16/T・D18/T・D20

サヨリ釣り用のアタリウキとして作られたものだったが、ダンゴ用ウキとしてバージョンアップされた。ウキの自重は驚くほ軽く、ダンゴに追従して飛ぶ。

TD16

遠矢ダンゴ T・D60/T・D70/T・D80

ダンゴの中の餌を引き抜く浮力が欲しいということで製作されたウキ。トップが太く視認性が高い。数字はボディの長さを表し、長さごとに3種類ある。はっきりした魚信が出るのが特徴で、磯場のメジナにも使えると好評である。

黒鯛・メジナ両対応

渚などの浅瀬、また浅ダナ狙いや、軽い仕掛けで、大遠投が可能なモデル。

遠矢ウキ ダイレクトポイントDP300-10・DP230-10

渚釣りや河川釣りに対応できる浅場で大遠投が求められる釣り場に対応できるウキとして開発された。超遠投シリーズ並の大遠投性能に、視認性を高め、浅場対応が可能となった。数字はボディの長さと太さを示す。トップの互換性が高いのも特徴で、3cmレモントップから、45cmの超遠投中トップまで幅広く選ぶことができ、多彩な攻略が可能である。

DP230-10とDP300-10
※不正競争防止法に引っ掛かるような類似品が多く見受けられます。ボディ上部のレモン色、ストレートゴム管に下膨れの形状は「遠矢うき」特有の意匠です。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる