MENU
個人のお客様もご予約を承っております。店舗様でお急ぎの方はご連絡ください。遠矢ウキの類似品、コピー商品が出回っておりますのでご注意ください。

遠矢流!<激ムズ!食い渋りでも型揃い!野間池メジナ!>

<2019年3月釣行記事>

野間池のメジナ(クロ)がシーズンを迎えている。今年(取材当時は2019年)は暖冬の影響で水温も高く好調だった。

取材当日は低気圧と前線の影響で、午後から雨と強風の予報が入ったので、午前中勝負の釣りとなりそうだった。前回、野間池で100枚も釣った3人が今回も野間池に挑戦する。

野間池は土日はじゃんけんで瀬を決めたり、週替わりで担当の瀬が変わるので、行きたい瀬には入れないことも多い。しかし、今回はまずまずの条件の瀬に入ることができた。

瀬に到着すると、干潮で平場が出現していたものの、とにかく足場が悪く、移動に苦労する。

予想外の足場の悪さに、3人が釣り座を決めるまでにかなり時間がかかった。一番高い釣り座についたのは西村さん。船がつくすぐそばに構えたのは山本さん。釣り座が決まったところで、全員がそれぞれ準備を開始した。

コマセ配合と仕掛けの小物は以下のとおり。

遠矢さんは、最初は高い釣り座で釣りを始めたが、どうやらタモが届かないので低い場所へ移動した。釣り座を選び直すのに時間がかかり、再び開始したのは午前9時ごろ。瀬について2時間は経過してしまった。

メジナの場合は、遠矢流におけるタナは2ヒロからスタートする。そこを基準として上下を探っていくのだ。

ようやく、全員が揃って竿を出したと安堵する間も無く、「あれれアタリがない?」と山本さんが首を傾げる。

ここは下げ潮本命で右方向へ動く潮が良いそうだが、午前中は上げ潮、しかも潮が逆方向(逆潮)であるうえ、流れもほとんどない。風裏のおかげで波も押さえられているというのに、潮が動かなければお話にならない。

そこへ、一番外洋側にいた西村さんが1枚メジナを釣った!

西村さんにも良型メジナ!潮が流れ始めた瞬間だった。

山本さんもコマセを撒きつつ、ポイントを探っている。やがて満潮を迎えた。しかし、潮が右へ動き出すはずが、動いても左へいくばかり。逆潮が続いて苦戦している。

遠矢グレSP100ー16,SP80ー18がおすすめ。名称を確認し、コピー商品には注意しよう。

山本さん、とうとう業を煮やしてすぐ左側へ場所移動し、今度は島と島の間を狙い始めた。すると、狙い通りの沖目のポイントにアタリがあり、良型のメジナをゲット!

よし、これでパターンを掴めたかと思いきや、またまた潮が止まる。アタリも止まる。今日はかなりの食い渋り。

やっと山本さんに1枚目!今日は潮の流れが逆の「逆潮(さかしお)」!

今回、大遠投でアタリ。メジナと言っても遠投が必要なこともあります。SP80-18は遠投しても良く見えます。

それからは相変わらず潮はビタ一文もかず、アタリもない。これは潮だけではなさそうだ、水温が急低下したのかもしれない。

アタリのない時間が長く続いた。それでも粘りの一手、潮が正常な方向にわずかに動いた瞬間に、山本さんがもう1枚メジナをゲット。

ようやく!メジナがヒット!
2枚目を釣るまでが長かった!

潮の動きとコマセワーク、そして魚の状態を見極めて行かないと今日はかなり難しい。

渋いアタリだが、それを丹念に拾っていきポツポツと釣りあげる3人。沖合いではメジナのナブラが立っている。

もしかすると産卵が近いのかもしれない。

メジナのナブラ。産卵が近い。

遠矢さんも、潮が流れた一瞬にメジナをかけた!これで三人、全員がメジナを釣ることができたが、依然として正常な潮の流れがなく、渋い状態が続く。

遠矢さんはおろしたてのダイワの竿VIP ISO AGSとリールはトーナメントISOLBDを使用。
潮が動けばアタリがでる。無事にタモいれできて良かった。

だんだんと風が強くなり、竿が振りにくくなってきた。向かい風ではこれ以上はできず、残念ながら今回は早めの納竿となった。

しかしながら、逆潮(潮の流れが逆)でアタリがない中で、一瞬の正常な潮の流れるタイミングを見計らい、全員が35-40cm級の良型メジナを手堅く釣った。釣り座を決めるのに手こずり、実際の実釣時間は約3時間ほどであった中ではまずまずだろう。

この日、他の瀬ではまったく魚が出なかったようだ。

今後は産卵後〜梅雨時期のメジナにも期待したい。(取材・遠矢流編集部)

食い渋りながらも40cm級のメジナを確実に釣り上げる山本さん。
水温が上がってきたのか大型ヘダイも混じる。
磯場で大物と対応するため、今回はハリスは1.75号とした。

渋い時に見直したいポイントは、餌の付け方、針のサイズダウン、タナ、コマセワーク、が重要。難しいときほど、わずかな魚信を捉えるウキの感度が問われます。そしてまた釣りの勉強になるものです。


この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる