MENU
個人のお客様もご予約を承っております。店舗様でお急ぎの方はご連絡ください。遠矢ウキの類似品、コピー商品が出回っておりますのでご注意ください。

遠矢さち子の黒鯛釣行記<和歌山紀ノ川クロダイ・超浅場でトシナシ52cm!>

遠矢さち子

私の釣行記の中では最も古い記事のうちの1つです。当時は京都に住んでおりましたから、和歌山へも足げく通ったものです。懐かしい紀ノ川リバーチヌ!編集後記もぜひお楽しみください。

<2009年1月11日釣行記事>

目次

川の中でもクロダイ!?

冬になって舞鶴(京都)も雪の日が多くなり、そろそろクロダイもシーズンオフかと思われたある日のことでした。何気なくネットを検索してびっくり!!釣具屋さんの情報ネットで、和歌山県紀ノ川で良型のチヌが釣れているとのこと!和歌山といえば海のイメージが強く、この寒い冬の時期に川の中でクロダイが釣れるとは…。

早速、その釣具屋さんを訪ねて行きました。店に入り、恐る恐るネットを見てきたのだと尋ねると、店長さんがとても親切に釣り場の情報や餌など細かなことを教えてくれました。普通はいきなりやって来て、どこの誰かわからないような釣り人にこまかな情報は教えてくれませんから、とても嬉しかったです。早速、教えてもらった場所を視察することから始めました。

お世話になった「Fishingクリモト 和歌山店」のスタッフさま。色々と情報いただきありがとうございました。

紀ノ川ではシーズンになると、川のいたるところで釣れているようで、六十谷の堰にまでクロダイが確認されているとのこと。それがほんとうだとすると、冬の寒い時期にかなり上流域までクロダイが海から上がっているということになります。少し竿を出して状況を見たいと思い、有名な紀ノ川南側石積堤に行きました。釣り人に声をかけるともう帰るからここにどうぞと座を譲ってくれて釣り方のコツも教えてくれました。和歌山の人って親切だなぁ…。

水深を測る約2メートル位しかありません。葦が岸に生えているいたって普通の河川の風景。そんな場所でクロダイ釣りするのがとても不思議な気分です。釣りをしている隣で、バスアングラーがルアーを投げていました…。

そんなこんなで、とりあえず様子見で竿を出すことにしました。

初日は紀ノ川でフグ、アジ、シーバスが釣れました。フグは漢字で河豚と書くから河にいてもおかしくないのかな(?)などと考えましたが、川でアジが釣れるっていったいどういうこと…!?淡水の魚と海水の魚が共存している不思議な川に魅了され、しばらく京都から和歌山に通おうと決めました。地元の人々は皆気さくで、すぐに顔見知りもできました。

ごく普通の河川敷です。

瓢箪(ひょうたん)からコマ!?

人気の有名ポイントはいつ行っても人が多いのと、駐車場から釣り座まで相当な距離を歩かねばならないのでとても大変です。自分が釣りやすい場所がないかと探しつつ、先日釣具屋さんで教えてもらった場所で今年一番の初釣りをすることとなりました。しかし、そこは膝ぐらいの水深しかなく、深い場所でも1メートル程度です。まわりを見渡しても釣り人がだれ一人いません。

ぽつんと釣りをしていると、散歩をしている人も「ここはハゼしか釣れないよ」とか、「クロダイ釣るなら海釣り公園行ったほうがいいんじゃないか」とチケットくれたりしました。

(実はあとから気づいたのですが、教えてもらった場所を自分が間違えていました。当然、そんな場所に釣り人がいるはずないですよね!?)

折しも、この冬最大の寒波到来。西日本各地で大雪が降り、和歌山でも雪にあられに雷雨がすさまじかった日でした。こんな日に釣りに来るんじゃなかったな~と少し後悔…。

駐車場で待機していたたのですが、雪が止んだ時間帯に、思い切って竿を出してみみました。すると….ガツンとでかいアタリ!!手ごたえ十分!これは大きいぞと期待したところ…バレてしまいました。しかし、このバラシによってそこにクロダイがいると確信したのです。ここは、教えていただいた場所ではなかったですが….もしや、瓢箪(ひょうたん)からコマなのかも!?

「ハゼしかいないよ」と言われた場所で…!

大寒波の中、ついにトシナシ!!

翌日も大寒波。雪がうっすらと積もる朝。夜明け前の空には大きな満月。

大物の手ごたえを感じていたので、朝から慎重に準備。いつも使っている遠矢うき300Sに遠矢うきZF120用のトップをつけて全体を短くし、浅瀬に対応できるようにしました。コマセは日本海とMPにオキアミを混ぜる配合餌。現地の人はムギを多めに入れるようですが、バラバラと粉っぽくなってしまうような気がするので、流れに対抗できるよう粘りと重さのあるものを使いました。(コマセ配合は遠矢流黒鯛釣り用と同じものを使用しました。)

そして開始後まもなく、いきなりウキが消しこみ46センチのクロダイが上がって来ました!やっぱりクロダイはいました〜〜!!

来たよ〜!タモ入れが大変…!!寒いのですごい防寒着です。(46cm黒鯛)
じゃ〜ん、46cm!黒鯛はいました!

その30分後、またもやアタリがありましたが、今度はバラしてしまいました…。バラしてからしばらくすると、再びじわりを押さえ込むアタリが!!アワセを入れると、かかりました!ゴンッゴンッとクロダイ特有の強い引きと首ふりが竿に伝わります!竿の曲がりが大きく、これは期待できそう!!絶対に逃さないぞと、慎重に引き寄せてタモ入れに成功!

黒鯛をタモ入れ。河川敷の護岸だからタモ入れ難しい〜!

やったぁ~!傷のないとても美しいクロダイ、まぎれもないトシナシでした!

すぐに計測すると52センチ!!これは何度も計測したので間違いないのですが、そのあとに釣具屋さんに運び込んで計測してみると、なんと50.5センチ…。あれれ?生きているのに縮んでいる?あとから仲間に聞くと、生きていても縮むことがあるそうです。これもまた勉強になりました。

52cm黒鯛、釣りました!やった〜!
Fishingクリモト 和歌山店黒鯛ダービーに参加して入賞しました。お店で計測して記念撮影もしていただきました。

午前中に魚の計測を済ませ、お昼御飯を食べて再び川に戻ってくるとまた釣れそうないい感じの流れ。再び、道具を取り出して釣りを開始すると、夕マヅメにじわりとしたアタリがあり、今度は41.5センチのクロダイをゲット!引き続き35センチも追加し、その日は合計で4匹の釣果になりました。

こうして、この冬一番の大寒波となった日は私にとっても記念すべき日となりました。釣りを始めて8ヶ月目にして3匹目のトシナシ!!ありがたいことです!

南紀、心温まる冬の楽園

幸運にもトシナシを釣り上げた翌日、再び紀ノ川周辺で散策しながら情報収集とばかり釣り人に声かけると、すでに自分のことを知られていて驚きました!どうやら「トシナシを釣った女性がいる」という情報は一晩のうちに紀ノ川周辺に流れたようです。

それからはいろんな場所で声をかけていただくことが多くなりました。通行人も私の顔を覚えてくれ、以前にも増して情報をくれるようになりました。

魚も豊かで人も温かい。そんな素敵な南紀で冬の楽園を見つけたような気がします。きれいな釣り場だから、ゴミや駐車場の問題でまわりに迷惑かけることなく、釣り人の皆様でこの素敵な楽園を守っていきたいですね。

野球少年たちも見学に来ました。

…ところで、釣り上げたトシナシはどうしたかって?計測後はすぐにリリースしましたよ。トシナシたちはゆっくりと川へ帰っていきました。またいつか、ロクマルになって帰ってきてね。次の目標はトシナシを今年は何枚釣れるかな〜と、心は遠く果てしない釣りの旅路へ….いえいえ、まだ初心者。そのの入口….に立ったにすぎません。諸先輩の皆様方、これからもどうぞご指導よろしくお願いいたします。


本文はここまでです。次は、編集後記あとがきにて当時を振り返ります。

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

遠矢国利の妻。遠矢流釣法の真髄をマスターし、圧倒的な釣果を叩き出す女流釣り師になる。釣り雑誌、ブログ等で活躍中。

目次