MENU
個人のお客様もご予約を承っております。店舗様でお急ぎの方はご連絡ください。遠矢ウキの類似品、コピー商品が出回っておりますのでご注意ください。

遠矢さち子の黒鯛釣行記〜熊本県で晩春のメイタ釣り〜

遠矢さち子

<2010年4月記事>

皆様、こんにちは。

今回は、宮崎県小林市の遠矢流の釣りクラブの皆様に同行して、熊本県で釣りを楽しんできました。

風光明媚な景色が美しい場所ですね。海の中に学校(廃校)が浮かんでいて、風情がありますね。

あの校舎から釣り竿をだしたいと思うのは、私だけでしょうか。(笑)

現地につくと、すでに皆様が竿を出しておられましたので、遠慮して一番先端に入ってみました。

水深は竿1本あるかないか。

砂底なので、そこを這わせてみたのですが、エソばかり。

大きいエソを釣って驚いていたら、その口のなかから小さいエソが出てきてびっくり!…..っていうか、共食いかい〜!

この日から、エソのことを「パックマン」と勝手に呼ぶことにしました。(笑)

岸側で釣りをしている小林組の皆様は、着々と釣っておられます。

やっと、クロダイらしきアタリがあって釣り上げたのは、かわいいメイタちゃん。

メイタが連れ出すとは、この場所はノッコミ終了の合図なんですね。産卵を終えた黒鯛は、回復を待つべく沖にいるのでしょう。

小林組の会長、上仮屋さんは流石の腕前です。メイタを何枚も上げておられました。

今回は、親睦会といった趣がありましたので、メイタばかりでしたが、楽しかったですね。

全員が遠矢ウキ愛用者というのも嬉しいです。

しかしこの港で、後日、タモを忘れていたことに気づきました。遠矢の名前が入ったタモを拾った方、ぜひご連絡ください〜(涙)。

ノッコミ後はメイタばかりが続くこともありますが、それはそれで楽しいですね。では、次回をお楽しみに。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

遠矢国利の妻。遠矢流釣法の真髄をマスターし、圧倒的な釣果を叩き出す女流釣り師になる。釣り雑誌、ブログ等で活躍中。

目次